「利益」と「やる気」を続かせるリピート集客経営コンサルティング

【時間管理とは】時間管理の落とし穴

    
\ この記事を共有 /
【時間管理とは】時間管理の落とし穴

昨夜、HUGコミュという私のコミュニティの
メンバーさんからリクエストをいただき、

「時間管理」の講座(入門編)を開催しました。

 

時間管理に問題を抱えている人多いですよね。

昨日は、そもそも
「何のために時間管理する必要があるの?」

というところから考えていただき、
正しい時間管理法をお伝えしました。

実は、世の中には
「時間管理法」を学んでも
時間が一向に増えなかったり、

自分の人生が全然豊かになってない・・
むしろ、忙しくなってる!!!

そんな方が多いです。

おそらく誰もがご存知の
「第2領域」の時間を増やしなさい

という考え方。

これは、正解であり不正解です。

時間管理の考え方では、
「緊急ではないけど重要なこと」
に時間を費やせば費やすほど

心の余裕、時間の余裕、体の余裕が
できます。

でも!!!
ここには落とし穴があります。

まず、
「第2領域」の出来事に費やす時間を
確保しなければなりません。

いきなり、
「緊急ではないけれど重要なこと」
という考え方で時間管理をはじめても

そもそも忙しい人には時間がありません。

なので、その前に

・何が自分にとって大切なことなのか
・何に取り組むことで3年後、5年後、10年後豊かになっていくのか
考える必要があります。

それから、
これが最も大事なのですが、

「やらなくちゃいけないこと」
と思い込んでいることを手放す必要があります。

時間がない!と言っている人の
ほとんどは、取り組んでいることの全てを
“自分がやらなくてはいけない”こと
と思い込んでいます。

コントロールできることできないこと
自分がやらなくていけないこととそうではないこと
自分の人生の目的におけるインパクトの大きさ

これらを改めて考えると、
手放し可能なことが結構あります。

「時間」は「命」
「時間」は「人生」

「時間管理」は「大切な命を守ること」

忙しさを理由にして、
時間の使い方を変えないのは、

命を無駄遣いするのと一緒。

時間の使い方を見直すことは、
生き方を見直すこと。

「時間管理」の優先順位あげませんか?

時間の使い方は、習慣の影響を強く受けているため
自分で時間を増やすことは簡単ではありません。

時間管理をスタートする際に、

いちばん大切なことは、
“まず必要でないこと”を捨てていくこと
ですが、

捨ててもいいことは、
自分では中々気づけないんですね。

来年に向けて、
時間の使い方を見直して

日々の出来事がゴールにつながっている充実感を
感じながら、「幸せ」と感じられる時間を
増やしていきたい方へ

近日、時間管理の期間限定講座を開催します。

5年間時間管理についてセミナーや
時間管理の(手帳の使い方)個別のコーチングを
行っていますが、

時間の使い方を学んだ生徒さんたちは、

・自分に向いている仕事に出会い
収入を大きく伸ばすことができた

・情報に振り回されることなく
自分に本当に大切なことだけに
時間とお金を費やすことができるようになった

・安定してもらえるお給料を手放して
(退職)自分がやりがいを感じられる
仕事に向けてリスタートできた

など、

他人に舵を取られていた人生から
自分の本音に素直にいき、
自分の人生を充実させていかれています。

またご案内しますね。

 

ノウハウだけでは、長く続くビジネスは作れない

成幸するセンスが身に付くメールマガジン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©水野里美オフィシャルブログ,2020All Rights Reserved.