「利益」と「やる気」を続かせるリピート集客経営コンサルティング

疲れた脳を癒す過ごし方

    
\ この記事を共有 /
疲れた脳を癒す過ごし方

情報過多やテレワークにより仕事とプライベートのオンオフがしにくくなっている今、

肉体的にも精神的にも大きなストレスを感じている人が少なくありません。

 

「ゆっくり休んでいる」と思っていても、脳はずっとアイドリング状態になっていて

うまく休めていないことがあります。

 

脳には、寝ている時や、ボーッとしている時もずっと活動している

“DMN”という仕組みがあります。

 

この仕組みの商品エネルギーは、普通にしている時の約20倍と言われています。

ですので、この状態がずーっと続くと、

不安にとらわれたり、鬱になる可能性が高まると言われています。

 

外出できず、ずっとパソコン、テレビ、スマホばかり眺めてると、

情報が体調に流れ込み、さらにダメージを受けやすくなるために

私たちは、私たちが「自覚」している以上に脳は疲労しています。

 

脳が疲れていると、いいアイデアが浮かびません。

いいアイデアが浮かばないと言うことは、潜在意識を味方につけることが

難しい状態になっているため、すごく頑張らなくてはいけない状態が続きます。

 

私たちが体の疲れを感じている時、

そのほとんどは、脳の疲れが原因です。

 

肩が凝る、頭が痛い、眠れない、疲労感がある

など心当たりはありませんか?

 

まず、脳を休めてあげてください。

 

おすすめなのは、

朝起きてすぐと夜寝る前の電子機器の使用を止めること

 

それから、瞑想をすることです。

たとえ1分でも自分の心を眺める時間をとることで、

疲れをリセットしやすくなります。

 

ポイントは

“1つのことだけに集中する”意識です。

注意を1つだけに向けることで、

あらゆることに振り回されにくくなります。

 

住んでいる環境によっては今すぐ難しい人も

いるかもしれませんが、

自然に触れることは、自分を癒す上で、

1番の特効薬です。

 

今は、BGMを自然音にするのも良いでしょう。

ちなみに、私たちが集中できる時間はわずか8秒だそうです。

たったの8秒です。

常に注意力が散漫になっているんですね。

 

自分にとって大事なものを明確にして、

自分の意思で、自分にとってより良いものだけを

選択していく勇気が必要かもしれません。

ノウハウだけでは、長く続くビジネスは作れない

成幸するセンスが身に付くメールマガジン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©水野里美オフィシャルブログ,2020All Rights Reserved.