メンタルヘルス

恐怖との向き合い方

あなたは「恐怖」に対して
どんなイメージを持っていますか?

 

「恐れ」

この感情は、地球上に住んでいる
全ての人間が持っている感情です。

 

そして、生きていくために
なくてはならない感情です。

 

当然、私にも恐れがあり、
あなたにも恐れがあります。

 

人によっては、誰かと話すだけで、
恐怖を感じることがあるかもしれません。

それは、
「正常」ということをまず知ってください。

 

恥ずかしいことは何もありません。

あなたが恐れのあまり行動を起こさない場合、
今の恐れよりももっと大きな恐れがやってくるかもしれません。

 

そして、行動しない間に
自信が減少し、あなたの自尊心も低下させてしまいます。

“どうすれば良いかわからない”

時には、常に自分に対してネガティブトークをしてしまい、
自分を尊重しなくなります。

 

一旦、その最初の一歩を踏み出し、恐れに直面したときにその行動をとると、
恐れは思っていたほど大きくないことに気づきます。

ほとんどの人は拒絶を恐れています。

 

あなた自身の人生について考えてみてください。

おそらくあなたは、
はじめてのことであるほど、ある程度拒絶を感じると思います。

 

例えば、会議でのスピーチ
ディナーパーティーで全く知らない人に話しかけること

拒絶に対するその途方もない恐怖が溢れてきます。

 

でも、「拒絶されるかもしれない」という感情は、
現実には起きていません。

単にあなたの状況の認識です。

こんなことを知っているだけで、
あなたは自分の恐怖をコントローつでき、新しい現実を創造することが
できるようになります。

 

誰もが拒否されます。当たり前のこととして考えてください。

そうすると、とっても気持ちが楽になるはずです。

心が軽くなり、良い気分になれるでしょう。

 

「基本的に人はあなたを拒否する」
という事実をまず受け入れてください。

 

そして、
結果について考えるのはやめて、
与えることに最善を尽くすことをしてください。

恐怖や拒絶に集中しないでください。

 

拒絶されることがあっても、
あなたの全てが否定されるわけではありません。

あなたのことを知らない人は、
あなたのほんの少しの側面に対してただ反応しているだけです。

メルマガを解除された
提案したけれど、断られた
お願いしたけど断られた

これは、ダメなことですか?

あなたと価値観や考え方が合わない人であれば、
断ってもらった方が時間の大幅削減につながります。

ストレスも減りますね。

 

メルマガなら、
配信コストが抑えられますし、到達率の低下を防ぐことができますね。

拒絶は対して怖いものではありません。

 

とにかくあなたは「最善を尽くす」ことに集中してください。

 

最後に。

人にはそれぞれ抱えている問題や悩みがあります。
あなたと基本的に立っているステージや状況が異なります。

それは、顔を見ただけ、話しただけではわからないことがほとんどです。

 

TV番組でこんなお話を聞いたことがあります。

 

ある父親が小さな子供を連れて電車に乗った。

父親は空いている椅子に腰をかけた。

子供は電車で走り回り、大声をあげているけれど、
叱ることもしない。

「父親のくせにあんなに騒いでいて
何も注意しないのか」
と乗り合わせた男性は思ったそうです。

隣の男性が父親に話しかけると、

「子供たちの母親が亡くなり、
どうしていいかわからない・・」

という状況だったそうです。

 

このお話から言えることは、
人には人の事情があるということです。

あなたが断られたとしても、
あなたが断られているわけではありません。

単に、忙しいだけということも多々あります。

家族が病気
家族が仕事を無くした

かもしれません。

 

全ての人から承認を得ようとしないでください。
高く評価されなければいけないと思わないでください。

悩む時間を節約し、有意義に使いましょう。

リピート集客経営コンサルティング