未分類

思考と行動の不一致をなくす方法。

「頭でわかっていても体がついてきてくれない」

そう思ったことはありませんか?

現代人の悩みの1つです。

 

多くの情報に晒されている現代、

脳がごちゃごちゃになり、

思っていることと身体の動きの

不一致が起こることがしばしば。

要は、混乱している状態です。

 

この状態は、

更年期障害のメカニズムと似ています。

 

脳は「女性ホルモンを出す指令」を

送っているのに、受け取る側の「卵巣」の

機能が衰え、うまく指令を受け取れず

「女性ホルモンが出せない」

指令を出した脳は、

「あれ、おかしいなぁ」と思いつつも

どんどん指令を出す。

混乱が様々な不調を引き起こす(更年期障害)

 

こんな風に、

「こうしたい」という思いを

身体が受け取ってくれないと、

うまく行動できなくなります。

 

では、どうしたら

「思考」と「身体の動き」の不一致を

解消することができるのでしょうか?

 

不一致の状態というのは、

“バランスを欠いている状態”

です。

 

なので、

“バランスを整える”

ことをしてあげることで解消できます。

 

何かを達成する際に、

私たちは必ず

「現状を把握」する必要があります。

 

現状を把握することで、

「何がどれくらい変化したのか」

わかることができます。

 

手順としては、

  1. 深呼吸して状態を整える
  2. 目標を明確にする
  3. 現状を把握する(気分、気持ち、感情、状態)
  4. バランスを調整する
  5. 変化を確認する

 

これを繰り返すことで、

無理なく

自分の思い通った通りに

身体を動かしていくことができるようになります。

 

手順は1つ1つがとても大事ですが、

もっとも大事なのが

“バランスを調整する動き”

です。

 

例えば、

・タイピングミスをしてしまう

・人前で緊張してうまく話せない

・コミュニケーションが下手

・タイピングミスが無くなる

・人前でうまく話せるようになる

・コミュニケーションがうまくなる

 

という結果を望んでいる場合、

それに応じた「動きの教育」が必要になります。

 

本来持っている機能を

取り戻すことで、

 

できなかったことが

できるようになります。

 

  • やる気を持って仕事したい
  • 集中力をアップさせたい
  • 生産性をアップさせたい
  • 業績をアップさせたい
  • もっと創造力を働かせたい

今できないことを、無理してできるようになっても

続きません。

 

近道は、“バランス”を取り戻すこと。

 

身体をきちんとケアし、潜在能力を最大限に

引き出して思った通りに身体を動かせるようになると、

ストレスなく働き続けることができます。

 

達成したいことと

それに、応じた体の動きには教育法が

ありますが、

 

私たちが今すぐ簡単にできる方法として

  • マインドフルネスを実践する
  • ボディ(またはフェイシャル)トリートメントを受ける

などがありますので、

まずここからはじめてみてください。

リピート集客経営コンサルティング